今さら聞けない!サラ金の意味とは?

サラ金という言葉は耳にしたことがあるでしょう。映画や漫画などの題材にもよく取り上げられるので、知らない人はいないかもしれません。では、このサラ金という名称ですが、一体何を意味するのでしょうか。サラ金とは、「サラリーマン金融」を略したものです。サラリーマン金融といっても、サラリーマンが金融業者を営んでいるという意味ではありません。融資を受ける対象がサラリーマンということです。さらに、正式名称は「消費者金融」です。では、なぜサラ金と呼ばれるようになったのでしょうか?サラ金の歴史は70年代にさかのぼります。当時、お金を融資してくれるといえば銀行のみでした。しかし、銀行では融資を断られてしまうケースもあり、もっと手軽に借りられるサラリーマン向けの小口融資として誕生したのが、消費者金融です。

今現在は、アルバイトやパート、女性であっても消費者金融を利用できるようになりましたが、当時はサラリーマンが顧客の筆頭でした。正式に会社に勤めている人のための融資ということです。何となくサラ金に怖いイメージを持っている人もいるかもしれませんが、それは昔の話です。確かに、以前は、今とは比べものにならないほどの高額利息で貸し付けをしていました。お手軽だけど、返済に非常に苦しむことになる。そういう構図になっていたのです。しかし、現在は、サラ金は銀行とまったく同じ利息制限法に基づいて商売をしています。ですので、お金を借りるという場合には、銀行となんら条件的に変わりはありません。ここで注意しなければならないのが、闇金の存在です。闇金というのは貸金業者の登録をしていない、違法業者のことを指します。こちらは、そもそも違法な商売で、金利も法律を完全に無視したものになっています。つまり、サラ金と闇金はまったくの別物ということです。審査がはるかに適当で簡単に借りられるからと、闇金に手を出すことだけは避けたほうがよいでしょう。