サラ金とはどのような特徴があるのか

世間一般でいうサラ金とは、貸金業法にもとづく貸金業をいとなむ消費者金融会社のことを指しています。市中にある銀行や信用金庫、信用組合といったところも、サラ金と同じく、お金を貸し付けることがありますが、これらは銀行法などの別の法律にもとづいて運営しているものですので、預金のようにお金を預かる機能をもっていたりと、いろいろとサラ金とは違った点がみられます。サラ金と銀行などをお金を貸し付けるという機能から比較してみると、特に銀行などでは貸し付けの際の審査がきびしく、一定の所得をもっていたり、あるいはパートやアルバイトのような不安定な職種ではなく、かならず正社員として雇用されていることを求められるなど、条件面での違いは大きいといえます。

いっぽう、サラ金のほうは、最近では申し込みをした当日に審査をすませ、すぐに指定した口座に入金をするといったサービスまでしているところがあります。(サラ金を使って1時間でお金を借りる方法サラ金とは、基本的にはいそがしいサラリーマン向けに特化した、お金の貸し付けをしてれる金融業者の形態であるということがいえるでしょう。こうした特徴から、サラ金と銀行を比較してみると、サラ金のほうは、どちらかといえば小口で、たとえば給料日までのつなぎの資金がほしい人や、冠婚葬祭などで急な出費が必要になった人のための資金ニーズに対応するため、早く手続きをすませて貸し出しをするかわりとして、利率はいくらか高めに設定されている傾向があります。銀行のほうは、住宅ローンなどがその典型的な例といえますが、大口の資金需要に対応していて、長期的にお金を貸し付けてくれるため、利率も低くおさえられていますが、返済期間でトータルをしてみれば、金利の部分だけでもかなりの金額になっていたりします。こうした大口の資金に対応することから、さきに触れたとおり、審査がきびしくなっているというのは、ある意味ではやむをえない部分があるともいえるでしょう。